瓔珞<エイラク>あらすじ第42話のネタバレと感想「鳳凰と錦鯉」

エイラク第42話 韓流・アジアドラマ

瓔珞<エイラク>あらすじ第42話「鳳凰と錦鯉」紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ネタバレ(見どころ)、感想を紹介します。

瓔珞<エイラク>あらすじ第42話「鳳凰と錦鯉

第七皇子を死に至らしめたのは純貴妃だった。

衝撃的な事実を知った魏瓔珞は、先の皇后の敵討ちを決意する。

皇太后の誕辰を祝うため、乾隆帝や妃嬪たちが円明園に勢ぞろいした。

魏瓔珞は海蘭察の手を借りつつ、皇太后のために瑞祥を現す。

その目的は皇太后に近づき、乾隆帝の妃となることだった。

目論見どおり貴人に封じられた魏瓔珞は紫禁城に戻ることになる。

だが袁春望は乾隆帝に激しい敵意を見せつつ、魏瓔珞を止めようとするのだった。

引用:ドラマ公式サイト

瓔珞<エイラク>ネタバレ第42話「鳳凰と錦鯉

見どころ
瓔珞<エイラク>第42話のネタバレ(見どころ)

疑惑

明玉はこの数年の出来事を話し出す。

数年、純貴妃は優しかった。

しかし先日、当時の熟火処の管事・王忠おうちゅうが玉壺ぎょくこと密会している所を目撃した。

第七皇子が亡くなった火事の時には非番で絞首刑を免れた男だ。

明玉は逢引はよくあることだと気にも止めなかった。

しかし玉壺から報告を受けた純貴妃は豹変し、明玉を虐待するようになった。

そこで明玉は火事の黒幕は純貴妃ではと疑いを抱いたという。

このままでは明玉が殺されてしまう。

しかし明玉は「今や最も寵愛深い純貴妃には逆らえない、守ってくれる皇后様はいないのだ」という。

瓔珞は「必要なのは守ってくれる人、後ろ盾を見つけ、皇后様の敵を討つ」と宣言する。

その夜、瓔珞は明玉の体に入れられていた針を見ながら純貴妃の所業を思い出す。

そして、富察傅恒に出会ってからの出来事を反芻し決別を誓った。

策略

翌日、瓔珞は海蘭察はいらんちゃに声をかける。

乾隆帝とともに円明園に来ていたのだ。

頼みがあるという瓔珞に、海蘭察は何も聞かず協力すると申し出た。

瓔珞は仕事をしていた袁春望に声をかける。

わざわざ食事を運んできた瓔珞に、袁春望は「なにかやましいことがあるんだろう」と聞く。

瓔珞は、私にだって良心くらいあると答える。

食事の途中で瓔珞は、明日部屋の雨漏りを修理してほしいと袁春望に頼んだ。

皇太后の手で放鳥が行われた。

飛び立った中に五色の鳥がいると気がついた一同は、驚き声を上げる。

皇太后は鳥を飼育したものを呼ぶよう命じ、そこに現れたのは瓔珞だった。

何の鳥か尋ねられた瓔珞は「鳳凰ほうおうではないか」と答える。

皇太后の仁徳に天が瑞祥ずいしょうを現したのだろうと話す。

乾隆帝が「この者は皇太后を喜ばせたかっただけ、見逃しては」と話すと、他の妃嬪たちは口々に瓔珞の行いを褒美目当てだと、非難し始める。

愉妃までもそれにならう。

しかし瓔珞は、これが本当の瑞祥だと証明してみせると話す。

円明園にいる錦鯉を湖に放すことで、天が示した瑞祥の真偽を図るというのだ。

皇后が選んだ錦鯉を湖に放すが瑞祥は現れない。

純貴妃と愉妃は口々に責め立て罰を与えるべきと言ったその時、湖の鯉が「寿」の文字を描き出した。

感動した皇太后は「紫禁城が恋しいので帰りたい」という瓔珞の願いを聞き入れ寿康宮じゅこうきゅうに迎えようとする。

しかし乾隆帝は「答応に迎えようと思っていた」と、瓔珞が皇太后に近づくのを阻止しようとする。

すると皇太后は「賢くて気が利き顔立ちも美しい女子なのだから貴人の位にこそふさわしい」と、さらに上の位を与える。

皇太后に気に入られた瓔珞はさらに、「純貴妃様、どうか明玉をお与えください」と願い出る。

純貴妃は拒むが乾隆帝があっさりと承諾させた。

瓔珞は魏貴人となった。

明玉は「すべて私のためね」という。

瓔珞は、異例の出世なのだから喜んでほしいと話すが、そこへ袁春望がやってきて明玉は席を外す。

袁春望は敵視している乾隆帝の貴人となった瓔珞を責める。

誰に嫁ごうと構わないが弘暦だけはだめだ、一緒に逃げよう、それでも行くというのなら裏切りであり絶対に許さない。

復讐のためとは知らない袁春望は、必死に引き止めるが瓔珞は聞き入れなかった。

袁春望は怒りに任せ木を殴りつけている。

同じ父から生まれながら何一つ持たない自分と、乾隆帝との待遇に煮えたぎる思いを抱えている。

血の滲んだ拳を舐めながら袁春望は「お前は私を傷つけた。この先何をしようとも恨むな」とつぶやいた。

その夜、瓔珞は夜伽を命じられる。

明玉は、皇后の居所である長春仙館で夜伽を命じられたことを不思議に思う。

瓔珞は身支度を整え、明玉とともに乾隆帝のもとへ出向く。

しかし乾隆帝は政務が忙しいと、寒風の吹くなか一刻も瓔珞を外で待たせる。

すると瓔珞は茶を飲み茶菓子を楽しみ始めた。

それを見咎めた乾隆帝は瓔珞を呼ぶ。

乾隆帝は、可愛がっていた侍女が富貴と名声のため裏切る姿を、皇后に見せたかったからここに呼んだと話す。

それを聞いて、瓔珞は夜伽をしなくていいならと帰ろうとする。

しかし乾隆帝に呼び止められ、自分で衣を脱ぐよう命じられる。

瓔珞が貴人の着物を脱ぐと、その下には白装束をまとっていた。

乾隆帝は驚いて声を上げる。

瓔珞は「喪が開ける前ゆえ夜伽には応じられません」と拒絶する。

陛下は私を欲深い女だと思っている、いずれ真実が明らかになりましょう、今日来たのは死罪にならないため。 そう話した瓔珞を乾隆帝は解放した。

明玉は瓔珞の作戦を褒める。

しかし瓔珞は、亡き人への敬意は心に秘めるべきで、外見を取り繕うべきではないと話す。

貴人になったのだから伽をするのは仕方がない、ただ今回だけは「皇后の居所で抱かれて喜ぶ恩知らず」だと思われるので避けなければならなかったという。

乾隆帝は海蘭察を呼び出し、瓔珞の策を聞き出していた。

瓔珞はそれを予見し、全てを話すよう頼んでいたようだ。

皇太后の誕辰の準備に心を砕いただけだ、と言われ乾隆帝は何も言い返せない。

瓔珞<エイラク>第42話の感想

瓔珞のこざかしさが、今回はたっぷりと観れた気がします。

袁春望との思惑のすれ違い。

これから二人が、敵対しないよう祈るだけです。

瓔珞<エイラク>が、持ち前の正義感と頭脳で数々の試練を乗り越えていく様は、キャストと相関図を知ることで、2倍楽しむことができます↓

瓔珞<エイラク>キャストと相関図(紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃)
瓔珞<エイラク>(紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃)のキャストと相関図を知ることで、面白さがもっと深まります。 瓔珞<エイラク>キャスト&スタッフ 瓔珞<エイラク>(紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃)のキャストとスタッフを紹介します。 瓔珞<エイラク...

瓔珞<エイラク>見逃し無料動画配信で第42話を観る方法!

瓔珞<エイラク>の第42話を見逃した(o_o ;)という方!

動画配信サービスのU-NEXTなら、31日間の無料トライアル!で、今すぐ動画を観ることが出来ます。

※瓔珞<エイラク>は、TOKYO MX1地上波(2021年1月28日(木) 11:00~11:55)から平日のみ放送されていますが、全70話のところ、67話に編集され完結となっています。

でも、瓔珞<エイラク>全70話のノーカット版を、独占配信のU-NEXTなら、【31日間の無料トライアル!】で観ることができます!

U-NEXT【31日間の無料トライアル!】とは?

瓔珞<エイラク>見逃し動画配信なら無料トライアルのU-NEXT!
瓔珞<エイラク>の“やられたらやり返す”不屈のヒロイン像は、女性版“半沢直樹”と評されてもいます。 まだ一度もご覧になったことのない方、今日はどうしても急用ができて観れないとか?録画し忘れてしまったという方。 実は、瓔珞<エイラ...
タイトルとURLをコピーしました