瓔珞<エイラク>第2話のあらすじとネタバレ・感想「枇杷膏(びわこう)の秘密」

エイラク第2話 韓流・アジアドラマ

瓔珞<エイラク>第2話「枇杷膏(びわこう)の秘密」のあらすじとネタバレ(見どころ)、感想などを紹介します。

瓔珞<エイラク>第2話「枇杷膏(びわこう)の秘密」あらすじ

高貴妃は愉貴人が懐妊したことに気づき、子を流すために策を弄する。

怡嬪は愉貴人を守るため高貴妃に盾突くが、返り討ちに遭い自害に追い込まれた。

高貴妃の企みを見抜いた瓔珞は、思わず真相を愉貴人に告げてしまう。

妃嬪たちの権力争いに巻き込まれそうになる瓔珞を守ったのは、上司の張女官だった。

出過ぎた真似を慎むよう叱責された瓔珞は、自害した怡嬪を批判する。

姉の復讐に燃える瓔珞にとっては自害など考えられないことだった。

引用:ドラマ公式サイト

瓔珞<エイラク>第2話「枇杷膏(びわこう)の秘密」ネタバレ

見どころ
瓔珞<エイラク>第2話のネタバレ(見どころ)

掃除と刺繍の試験に合格した瓔珞えいらくたちは、方ほう女官の下に配属されたが、寝床は共同でとても狭い。

刺繍試験の一件で、瓔珞をよく思わない錦繍きんしゅうや他の女官たちは、嫌味を言うも無視されたため、腹いせに瓔珞の寝床に水をまいた。

それを見て部屋を飛び出していった瓔珞は桶おけを抱えて戻ってきたかと思うと、錦繍にその水をぶちまけさらに寝床にも水をまく。

その行動にあっけにとられた錦繍は、方女官に知らせると騒ぎ立てるが、瓔珞に胸ぐらを掴まれ 「知らせれば部屋のものは共同責任で追い出される」 と凄まれる。

騒ぎに気づいた方女官が声を掛けた。

瓔珞は「茶器の水を誤って布団にこぼしてしまっただけだ」と話し、誰も咎めを受けることはなかった。

姉である魏瓔寧ぎえいねいが死去した際、送られてきた大きな木の棺に斧を振り下ろし蓋をこじ開けた瓔珞。

父・魏清泰ぎせいたいや一族のものも駆けつけてきて「棺を開けるなど呪われてしまう」と騒ぎ立てた。

しかし瓔珞は、病気で死んだとされた姉の首に絞殺の跡があることに気が付き、「これを見ろ!」と怒鳴り散らした。

瓔珞は王宮に入り姉を殺した犯人を探すと宣言した。

話は変わって、高貴妃こうきひは体調不良だという愉貴人ゆきじんが懐妊しているのではないかと察し、侍医をつれてやってくると無理やり脈を取り薬を飲ませようとする。

そこへ怡嬪いひんから知らせを受けた富察ふちゃ皇后がやってきて、侍医に尋ねると、肺に熱が溜まっていたため枇杷膏びわこうを飲ませていたという。

それを聞いた怡嬪いひんは「それは嘘だ身ごもっているので毒を飲ませようとしたのだ、昨夜の席で病気だと嘘をついたのは高貴妃から子を守るためだ」と言ってしまう。

皇后の呼んだ別の侍医がやってきて薬を調べると、確かに毒ではなく枇杷膏だった。

高貴妃は、不敬の罪で怡嬪を罰しろと皇后に高圧的になり、怡嬪の味方をするのなら後宮の主たる資格がないとまで言い放った。

それを見た怡嬪は、自らの過ちであることを認め罪を受けると申し出る。

早くから繍坊しゅうぼうにやってきた瓔珞は皆が朝食を食べる中、張ちょう女官に姉を知っているかと聞く。

そのものは知らないし、妃嬪ひひんと同じ文字を持つその名前は宮中では使えないため、きっと他の名前を名乗っているだろうと張ちょう女官は言う。

そして、その名を出して探し回っては悲惨な目に会うので、気をつけろと忠告してくれる。

朝食を済ませやってきた玲瓏れいろうと共に張女官の手伝いをすることになった瓔珞は、永和えいわ宮で頬をぶたれている怡嬪の姿を見てしまった。

顔を腫らし口から血を流す怡嬪を愉貴人は抱きついてかばうが、結局連れて行かれてしまう。

しきたりでは顔は叩けないはずだが、高貴妃は辱めるためその罰を与えた。

枇杷膏びわこうの秘密を暴く瓔珞

採寸のため愉貴人の部屋にやってきた瓔珞は、彼女がうわ言のようにつぶやく「枇杷膏…殺そうとしたはず」という言葉から咄嗟に、「枇杷の新しい葉には毒が含まれます」と話す。

張女官に咎められるも、普通は古い葉で作るが誰もその理由を知らない、新しい葉は毒を含むからだと伝える。

それを聞いた愉貴人は皇后の前でその証言をしてほしいと瓔珞を連れて行こうとするも、張女官が頭を下げたことで難を逃れる。

瓔珞は罰として繍坊の外で膝をついている。

張女官がやってくると瓔珞は雲を数えていたという、明日からは雲の刺繍ができると。

「罪はないのだから嘘はつけない」と、犯した罪を認めない瓔珞を、張女官は永和宮につれていった。

そこにいたのは首をつって自害した怡嬪だった。

瓔珞は辱めを受けたなら耐え抜き報復すべきだ、自害するなど愚かだと言って走り去っていく。

イラつき霊柏れいはく(木)を殴っていた瓔珞のところへ乾隆帝がやってくる。

瓔珞<エイラク>第2話の感想

「枇杷の新しい葉には毒が含まれるという」、枇杷膏びわこうの秘密を暴いた瓔珞は、刺繍が上手で機転が利くだけでなく、物知りでもあるところが、ほかの者と違います。

また、正義感があって勝気なところも、今後のドラマの中でいろいろ楽しめる場面になりそうです。

キャストと相関図を知ることで、瓔珞<エイラク>をもっと深く楽しむことができます↓

瓔珞<エイラク>キャストと相関図(紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃)
瓔珞<エイラク>(紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃)のキャストと相関図を知ることで、面白さがもっと深まります。 瓔珞<エイラク>キャスト&スタッフ 瓔珞<エイラク>(紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃)のキャストとスタッフを紹介します。 瓔珞<エイラク...

瓔珞<エイラク>動画配信で全70話を観る方法!

※瓔珞<エイラク>は、TOKYO MX1地上波(2021年1月28日(木) 11:00~11:55)から平日のみ放送されていますが、全70話のところ、67話に編集され完結となっています。

でも、瓔珞<エイラク>全70話のノーカット版を、独占配信のU-NEXTなら、【31日間の無料トライアル!】で観ることができます!

U-NEXT【31日間の無料トライアル!】とは?

瓔珞<エイラク>見逃し動画配信なら無料トライアルのU-NEXT!
瓔珞<エイラク>の“やられたらやり返す”不屈のヒロイン像は、女性版“半沢直樹”と評されてもいます。 まだ一度もご覧になったことのない方、今日はどうしても急用ができて観れないとか?録画し忘れてしまったという方。 実は、瓔珞<エイラ...

 

タイトルとURLをコピーしました