瓔珞<エイラク>あらすじ第57話のネタバレと感想「新たな友情」

エイラク第57話 韓流・アジアドラマ

瓔珞<エイラク>あらすじ第57話「新たな友情」紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ネタバレ(見どころ)、感想を紹介します。

瓔珞<エイラク>あらすじ第57話「新たな友情」

乾隆帝は皇太后に銭氏について尋ねる。

皇太后の答えに納得がいかない乾隆帝は真実を知るため、銭氏の実の兄である銭正源を皇宮に召す。

だが皇太后と乾隆帝の絆を断ち切りたい輝発那拉氏は、銭正源を事故に見せかけて殺害する。

皇太后の看病に奔走する魏瓔珞のもとに慶貴人が訪れる。

慶貴人は皇太后のために薬の処方箋を届けに来たのだった。

家族を守るためには舒嬪に従うしかないことを打ち明けた慶貴人に、魏瓔珞は必ず力になると約束する。

引用:ドラマ公式サイト

瓔珞<エイラク>ネタバレ第57話「新たな友情」

見どころ
瓔珞<エイラク>第57話のネタバレ(見どころ)

皇太后と乾隆帝の間には決定的な溝ができてしまった。

一部始終を聞いていた瓔珞は「皇太后様の言葉を信じます。

皇太后様を疎むことはない」と言う。

だが皇太后は、あれだけ怒るのは生母が違うと言うだけではなく遺書に何か重大なことが書かれていたいのでは、と案じている。

乾隆帝は承乾宮に来ていた。

育ての母が産みの母を殺したかもしれないという疑念を抱えたまま、皇后にも話をしてしまう。

皇后は、傍系で側女であった皇太后は養母に選ばれないだろう、当時親王は1人しかおらず誰もが息子を欲しがった。

それなのになぜ、皇太后が生母となっても誰も声を上げなかったのか、それは無慈悲にも奪われたからではないか、と乾隆帝に話す。

乾隆帝は遺書の内容を信じる。

海蘭察は皇太后の件に巻き込まれないよう、寿康宮から離れろと明玉に忠告する。

小全子も、瓔珞に舵を切るよう言うが、なにか思案していて返事をしない。

乾隆帝は真相を確かめるため、生母の兄である銭正源を呼ぶ。

だがその当日急報が入り、銭氏は落馬して亡くなったという。

気が乱れて倒れた皇太后を皇后が見舞う。

乾隆帝の代理という皇后だが、その様子を見て皇太后は黒幕に気がつく。

皇后は父・ナルブの件で罪を逃れた皇太后の甥が捕まり、斬首は免れないと言う話をする。

皇太后は甥のためにナルブを殺すよう進めたのではなく、乾隆帝を皇族から守るためだったと話す。

銭正源が落馬し亡くなったことで、乾隆帝はさらに皇太后を疑うだろうと皇后は言う。

皇太后は興奮し「毒婦」と罵るが、寝台から落ち立ち上がれなくなってしまった。

そこへ瓔珞がやってくる。

皇后は瓔珞に、皇太后がいなくなったらどうするのかと告げ笑いながら出ていった。

皇后は、張院判の息子の一粒種を人質に脅し、皇太后を中風と診断させた。

しかし、瓔珞は皇太后が強く手を握り頭を動かしたことで、信用できないと判断する。

その夜、奴婢の姿に女装した葉天士が寿康宮に呼ばれた。

処方箋を見た葉天士は「害はないが効果もない」と指摘する。

葉天士は肝臓を養い血を作る薬と、痰を除く薬を処方した。

皇太后についている劉女官は、寿康宮から離れたほうがいいと瓔珞に助言する。

しかし、瓔珞は乗りかかった船だから、ここで見捨てるわけには行かないと気丈にふるまう。

延禧宮に慶貴人がやってくる。 瓔珞の帰りを待っていたらしい。

慶貴人は皇太后が中風と聞き、祖父が使った処方をわざわざ持ってきたのだという。

慶貴人の父は、舒嬪の父の配下にあり逆らうことができない。

だが善悪はわかっている。

今は令妃様に処方を届け、皇太后様との縁を結ぶことができればとやってきたらしい。

そんな慶貴人に「昇り詰めては?」と瓔珞は言う。

慶貴人は美貌も頭脳も無い私には…と気弱だが、瓔珞は手を貸すと申し出る。

劉女官は皇太后の処方を破り捨てた。

その後、皇太后が意識を失い痙攣を起こし水も飲めないとの知らせが養心殿に入る。

銭正源が献上した絵を持って、乾隆帝は寿康宮へ。

そこには慶貴人がいて、彼女は「この書で陛下の疑問は解けるそうです」と、一冊の本を差し出した。

乾隆帝は「単なる奇談集だ」と投げ捨てる。

すると慶貴人は奇談の一つを話し始めた。

話を聞きながら乾隆帝は、近くに瓔珞が隠れていることに気がつく。

瓔珞の方へ向かおうとするが、それをみて慶貴人は、乾隆帝の生母に起こった出来事を続けて話す。

生母は先帝とともに山西を訪れた。だが帝位争いの真っ只中で追手がかかる。

追われるうちに匪賊ひぞくに囲まれ生母は先帝を守るため辱めを受けた。

襲われたとも、身を投げたとも言われている。

乾隆帝はそれを聞き、真実なら膝をついて謝ると言った。

そのすべては瓔珞が調べたことだった。

乾隆帝は王天一から話を聞く。

先帝の侍衛であり、乾隆帝の騎射の師匠だ。

乾隆帝は山西を訪ねた先帝が戻った時、銭氏は一緒だったか?と尋ねる。

王天一は「いた」と答えた。

乾隆帝は皇太后が嘘をついたと激怒するが、すぐに落ち着きを取り戻し尋ねる。

「朕の出自を明かしてほしい」 王天一は、先帝を守るため辱めを受けた銭氏が、名節のために先帝から死を賜ったのだと話した。

それを聞いた乾隆帝は、すぐに寿康宮へ向かう。

だが、皇太后は瓔珞を伴い養生に行くと紫禁城を出ていた。 乾隆帝は後を追う。

すると道中で慶貴人が待ち構えていて、皇太后の言付けがあるという。

先帝は己の出自に苦しんだ。だから、乾隆帝にも同じ思いをさせないため生母を殺した。

生母は黙って三拝し毒手を飲んだ。

その重さを知っているから、皇太后は乾隆帝を大切に育てた。

それを聞き、乾隆帝は皇太后を追う。

馬車の前まで来ると、乾隆帝は膝をついて平伏し謝る。

後宮に戻るよう懇願するが、皇太后は顔も見せず行ってしまう。

瓔珞<エイラク>第57話の感想

乾隆帝が「出自を明らかにして欲しい」という気持ちはわかります。

その結果、皇太后は乾隆帝のことを想い行動し、大切に育てたことを知って、自身に誤解があったことがわかり、皇太后に謝ったまでは良かったが、すでに受け入れてもらえなかったことで、今後は皇太后が、祭りごとにも有利にはたらくのだろうか?

そんな思いがしました。

瓔珞<エイラク>が、持ち前の正義感と頭脳で数々の試練を乗り越えていく様は、キャストと相関図を知ることで、2倍楽しむことができます↓

瓔珞<エイラク>キャストと相関図(紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃)
瓔珞<エイラク>(紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃)のキャストと相関図を知ることで、面白さがもっと深まります。 瓔珞<エイラク>キャスト&スタッフ 瓔珞<エイラク>(紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃)のキャストとスタッフを紹介します。 瓔珞<エイラク...

瓔珞<エイラク>見逃し無料動画配信で第57話を観る方法!

瓔珞<エイラク>の第57話を見逃した(o_o ;)という方!

動画配信サービスのU-NEXTなら、31日間の無料トライアル!で、今すぐ動画を観ることが出来ます。

※瓔珞<エイラク>は、TOKYO MX1地上波(2021年1月57日(木) 11:00~11:55)から平日のみ放送されていますが、全70話のところ、67話に編集され完結となっています。

でも、瓔珞<エイラク>全70話のノーカット版を、独占配信のU-NEXTなら、【31日間の無料トライアル!】で観ることができます!

U-NEXT【31日間の無料トライアル!】とは?

瓔珞<エイラク>見逃し動画配信なら無料トライアルのU-NEXT!
瓔珞<エイラク>の“やられたらやり返す”不屈のヒロイン像は、女性版“半沢直樹”と評されてもいます。 まだ一度もご覧になったことのない方、今日はどうしても急用ができて観れないとか?録画し忘れてしまったという方。 実は、瓔珞<エイラ...

 

タイトルとURLをコピーしました