瓔珞<エイラク>第37話のあらすじとネタバレ・感想「懐かしき長春宮」

エイラク第37話 韓流・アジアドラマ

瓔珞<エイラク>第37話「懐かしき長春宮」のあらすじとネタバレ(見どころ)、感想などを紹介します。

瓔珞<エイラク>第37話「懐かしき長春宮」あらすじ

ついに長春宮に戻ることを許された魏瓔珞は、失意の底にある皇后を励ます。

魏瓔珞と明玉の支えにより、皇后は歩けるまでに回復した。

同じ頃、純妃は子を授かる。

寵愛を得て得意満面の純妃だが、嫻貴妃は意に介する様子もない。

一方、富察傅恒は結婚後も魏瓔珞への未練を断てずにいた。

皇后から爾清を大切にするよう諭された富察傅恒は、妻を大切にすると誓う。

だが富察家の屋敷では、思い詰めた爾晴が騒動を起こしていた。

引用:ドラマ公式サイト

瓔珞<エイラク>第37話「懐かしき長春宮」ネタバレ

見どころ
瓔珞<エイラク>第37話のネタバレ(見どころ)

突然現れた乾隆帝けんりゅうていに驚いた瓔珞えいらくは、「この衣は女官が誤って準備したものです、着替えてきます」という。

乾隆帝の戯れ

乾隆帝はその場で衣を脱ごうとする瓔珞を眺め、「着替えるのでは?脱げ」と楽しそう。

こちらへ来いと言われ歩み寄った瓔珞の手を乾隆帝は握り引き寄せる。

「皇后に言われた、朕はそなたを気に召したと」そう言われ瓔珞は、自分は粗野で礼儀作法も知らない美女はいくらでもいると返す。

乾隆帝は、だからこそ野花に惹かれるのだと話す。

瓔珞はなんとか逃れようと、天下の美女を選び放題!雀すずめは鳳凰ほうおうに混ざれない!と弁舌を振るうが、意図をお見通しの乾隆帝に腰を抱き寄せられてしまう。

乾隆帝は瓔珞を抱き上げると寝台に横たえ、「無理強いするのは初めてだ、なかなか面白い」という。

逃げ場のなくなった瓔珞は突然笑い出す。

「本当は陛下とむつみたかったのです、とても幸せです、でも底辺の側室は嫌、貴人にしてください」と欲を出した瓔珞を見て、乾隆帝は「寵は与えぬ」と怒り出す。

長春宮に戻ることを許可された瓔珞は、晴れやかな顔をして走っていく。

瓔珞が慕う皇后さまへの想い

戻ってきた瓔珞を、皇后は拒み扉を開けず去れとまで言う。

「長春宮に迎える気はない」という皇后に、明玉は「心配していたのになぜ、本心を語ってください」と願う。

皇后は、瓔珞が自分を守ろうとして争いに巻き込まれたこと、脚の動かない皇后に未来はないことを話し瓔珞を去らせようとする。

しかし瓔珞は、「生まれた時に母が死に、それを恨んだ父は川に私を投げ捨てた。

それを救い育ててくれたのは姉だった」だから姉のような皇后にずっと仕えていくと話す。

皇后は瓔珞を抱きしめ、明玉も「私のことも忘れないでください」と寄り添った。

長春宮に瓔珞が戻り、皇后も笑顔を取り戻した。

そこへ純妃が懐妊したという知らせが入る。

明玉は「純妃は皇后様を見限ったのだ」と怒りを口にするが、ちょうどこそへ純妃がやってくる。

純妃は皇后に懐妊の報告が遅れたことを謝罪した。

腹を立て庭木をむしる明玉を瓔珞が止める。

「人は高みを目指すもの、人を傷つけなければそれでいい」と明玉にいうと、瓔珞は皇后の歩行訓練を提案する。

二人がかりで支え、一歩ずつ歩こうとする皇后だが、脚がうまく動かす弱音を吐く。

瓔珞は、乾隆帝が密かにやってきては傷つけないため帰っていくこと、心配している人がたくさんいるのだから頑張れと励ます。

献身と努力が実を結び、皇后は1人で歩けるようになった。

瓔珞と明玉は涙を流して喜んだ。

純妃を見舞いにきた乾隆帝は、腹の子が琴を聞きたがっているとねだられる。

ちょうどその頃、純妃のもとに向かっていた嫻貴妃はその琴の音を聞いて、邪魔をしてはいけないと踵を返す。

侍女の香児こうじは「純妃が皇子を産めば地位が危ういのでは」と心配するが、嫻貴妃は、誰が子を生むかは運次第、まだ時期は来ていないという。

恩赦により釈放され復職した父に褒美をねだった内務府の太監を、詰問する嫻貴妃。

罪を犯した副管事を死罪にし、その後釜に袁春望を据えた。

皇后の見舞いに訪れた富察傅恒に、瓔珞は以前と変わらぬ態度で接する。

富察の母は娘が歩けるようになり大喜びしているが、目の病気が悪化したらしい。

乾隆帝の恩寵を受ける富察傅恒は、異例の昇進を遂げている。

皇后は、華々しい栄華は好事ではないと忠告し、家庭のことも気にかけるよう話す。

爾晴の嫉妬

富察府では爾晴じせいが書房に立ち入ろうとしていた。

富察傅恒以外は掃除を任された少年しか立ち入れないその部屋には、青蓮せいれんという少女がいた。

掃除をしていた彼女は瓔珞が贈った香袋を見つけ不思議に思うが、突然入ってきた爾晴に驚きそれを隠す。

富察傅恒が屋敷に戻ると、「青蓮が殺されそうだ」と使用人が慌ててやってくる。

爾晴は書房で寝泊まりしている富察傅恒と青蓮との仲を疑い、彼女を拷問していた。

青蓮を連れ出すよう命じると、「まだ途中だ」と喚き散らす爾晴。

結婚し1年が経つのに部屋にも訪れない傅恒に恨みつらみをぶつけ、傅恒の手に握られていた簪かんざしを青蓮への贈り物と勘違いし投げ捨てる。

青蓮は熱した鉄棒で打たれ、両手の爪を剥がされていた。

その所業に傅恒は「正気じゃない」と青ざめる。

今日はたまたま掃除の少年が病気になり、青蓮に仕事を変わってくれるよう頼んだだけで、彼女は普段書房に立ち入ることはないという。

看護を頼み去ろうとした富察傅恒に、起き上がってきた青蓮は香袋を差し出した。

瓔珞<エイラク>第37話の感想

長春宮に戻ることを許可され、生き生きとした瓔珞はよかったけど、袁春望との関係がこれで薄れていくのか?と、ちょっと心配です。

それと富察傅恒は、いまになっても瓔珞のことをわすれられないのか?と、ちょっとがっかりしました。

キャストと相関図を知ることで、瓔珞<エイラク>を2倍楽しむことができます↓

瓔珞<エイラク>キャストと相関図(紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃)
瓔珞<エイラク>(紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃)のキャストと相関図を知ることで、面白さがもっと深まります。 瓔珞<エイラク>キャスト&スタッフ 瓔珞<エイラク>(紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃)のキャストとスタッフを紹介します。 瓔珞<エイラク...

瓔珞<エイラク>動画配信で全70話を観る方法!

※瓔珞<エイラク>は、TOKYO MX1地上波(2021年1月28日(木) 11:00~11:55)から平日のみ放送されていますが、全70話のところ、67話に編集され完結となっています。

でも、瓔珞<エイラク>全70話のノーカット版を、独占配信のU-NEXTなら、【31日間の無料トライアル!】で観ることができます!

U-NEXT【31日間の無料トライアル!】とは?

瓔珞<エイラク>見逃し動画配信なら無料トライアルのU-NEXT!
瓔珞<エイラク>の“やられたらやり返す”不屈のヒロイン像は、女性版“半沢直樹”と評されてもいます。 まだ一度もご覧になったことのない方、今日はどうしても急用ができて観れないとか?録画し忘れてしまったという方。 実は、瓔珞<エイラ...
タイトルとURLをコピーしました